Admin New entry Up load All archives

スワログ

きのう、見たもの

2匹目の仔豚 

蚊取線香
台風の接近もあってか、蒸し暑い日が戻ってきました。
あとしばらく、蚊取線香の出番がありそうです。
スポンサーサイト

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

4才 

おどけ者
今日は次男の4回目の誕生日でした。
仕事で会食があったため、夜、帰宅すると、
本人はすやすや眠っていました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

東京で思うこと 

日の出埠頭
出張先の浜松町から大阪へ帰る新幹線の時刻まで
時間があったので、日の出桟橋に足をのばしました。

どうやら納涼大会が予定されているらしく、
日が暮れる前から、浴衣姿の老若男女が
たくさん埠頭に集まっていました。

その様子を見ていて、東京の人の方が関西人よりも、
実利主義でなくて、どこかゆとりがあって、
日々の生活を楽しんでいるような気がしました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

What is the life? 

ねこの背中
人に親切にすること。
食べ過ぎないこと。
いい本を読むこと。
適度に散歩をすること。
信条や国家を問わず、
あらゆる人々と平和に仲良く暮らせるように
努力することです。

iphoneのSiriに「人生って何?」と尋ねると、
その様に答えてくれるそうです。

category:

CM: 0 TB: 0   

百日紅 

サルスベリ
夏を代表する花としてサルスベリも挙げられると思います。
漢字で「百日紅」と書くだけあって、
暑い夏の間ずっと赤い花を咲かせています。
でもそろそろこの花の季節も終盤にさしかかっているようです。
今日はこの夏初めて秋を感じる一日となりました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

ENDLESS SUMMER 


大阪に帰ってすっかり普段の生活に戻っています。
明日から日々の記録を再開します。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

太陽が沈んだあと 


電信柱が並んで立っている光景になぜだか惹かれるのですが、
宮古島の至るところで見ることができました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

宮古に咲く花2 


フルーツ農園では、たくさんの種類のハイビスカスも
栽培されていました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

砂浜の愛嬌者 


宮古島のほとんどの砂浜には
小さなヤドカリが散歩をしています。
彼らに近づくと、歩みを止めて背負っている貝殻に
サッと隠れてしまうのですが、
こちらが彼らに気づく方がいつも少しだけ早いため、
隠れる様子が丸見えで、それがとても可笑しいのです。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

オレンジライン 


食堂の屋根のオレンジのラインが、
青い空にとても映えていました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

サトウキビ畑に出た月 


太陽が沈んで東の空を振り返ると、今度は丸い月が
サトウキビ畑の上に浮かんでいました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

午後のビーチ 


砂山ビーチには別の日の午前と午後の計2度訪れました。
午後からは太陽の光が逆光になって、
海の青さはわからなくなりましたが、水面がキラキラ輝いて
午前とは別の表情の美しい海に出会えました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

サトウキビ畑と太陽 


category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

島の花、ブーゲンビリア 


宮古島の花であるブーゲンビリアの赤い部分は、
花ではなく、葉っぱが変色したものだそうです。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

楽園のひとコマ 


滞在したホテルのプールサイドにたくさんの蝶が舞っていました。
写真に収めて模様を調べたところ、本州でも見かける
モンキアゲハだったみたいです。
この蝶の先祖は、どのようにしてこの島にやってきたのでしょう。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

タッチ&ゴー 


下地島の訓練飛行では時にジャンボジェット機の
迫力あるタッチ&ゴーを見ることができるらしいですが、
今回訪れた時は、
海上保安庁の航空機の訓練が行われていました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

下地島の滑走路 


下地島にはパイロット訓練のための滑走路が作られているのですが、
周囲がわずか17.5kmという小さな島のため、地図で見るとまるで島全体が
一隻の航空母艦のように見えます。
そして航空機の珍しい訓練の様子を見学することができます。
写真は滑走路の手前の海中に設置された誘導桟橋です。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

雲が沸き立つ場所 


カーフェリーで宮古島の西に並んで浮かんでいる
伊良部島と下地島に渡りました。
宮古島の平良港から約30分の船旅です。
船尾から平良港の方を振り返ると、
空いっぱいの雲が見えました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

小学校のシーサー 


宮古島では小学校の正門にもシーサーが鎮座しています。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

サトウキビ畑の中で 


宮古島には大きな山がなく、
島の土地のほとんどがサトウキビ畑になっています。
今年は雨が少なく水不足で、
サトウキビの栽培も大変なようです。

サトウキビ畑とトラクターと雲の組み合わせが印象的だったので、
クルマを停めて写真に収めました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

風車のある風景 


宮古島で4機の風力発電の風車を見ました。
3機は島の最北端、西平安名崎に並んで設置されていて、
写真の残る1機は島の南部のサトウキビ畑の中にあります。
数年前に訪れた時はなかったので、比較的新しい風車なのだと思います。

自然エネルギーを作り出す風車は、この島によく似合うし
宮古島の上空には爽やかな風が吹き渡っているに違いなく、
発電効率もきっといいのだろうなと思いました。

日没直後の空と風車を撮ってみたくなって、家族に許しをもらい、
ひとりで風車の近くまで出かけました。
風車は静かに、だけどダイナミックに回っていました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

ソーキそばを想起する 


沖縄諸島には「○○食堂」という名前のお店がたくさんあります。
(日本国中どこでもたくさんあるか・・・)
大体のお店が年季の入った平屋の建物で、
店内はちゃぶ台が置かれた座敷と、
いくつかのテーブル席がある作りになっています。
そして地元の「オカア」たちが店を切り盛りしています。

これらの「○○食堂」のメインメニューがソーキそば。
長時間煮込んだ軟骨付きの豚のあばら肉(ソーキ)が乗っています。

宮古島には宮古そばもあります。
豚の三枚肉とかまぼこが、なぜか麺の下に隠されているスタイルです。

ソーキそばや宮古そばをあちこちの「○○食堂」で食べました。
旅の後半はさすがに飽きてくるのですが、
大阪に戻ってしばらくすると、また食べてみたくなります。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

砂山ビーチ 


宮古島の顔といえば、砂山ビーチではないでしょうか。
真中に穴が開いた岩と海の写真は、宮古島のカレンダーや
ポストカードでよく見かけます。

この岩の向こう側に極々小さな入り江があって、
あまり人が近づかないためプライベートビーチの雰囲気を味わえます。
砂浜には綺麗な貝殻がたくさん落ちているし、
散歩をしている小さなヤドカリさんたちにも会えます。

また干潮時は、浅瀬のあちこちに潮だまりが現れ、
海中から顔を出したサンゴや取り残された極彩色の小魚たち、
カニ、ヒトデなどを見つけて遊ぶことができます。
大人も子供も大喜び。

ビーチが西を向いているため、午後は逆光になって海が青く見えません。
訪れるなら午前がオススメです。

そんな砂山ビーチの絵葉書的な絵を思わず撮ってしまいました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

宮古に咲く花 


島全体がサトウキビ畑の宮古島では、花の種類や数では沖縄本島や
石垣島には負けてしまうかもしれません。
今年は雨が少ないようで、宮古の花は昼間は萎れてしまっているそうです。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

宮古島のこと 


沖縄本島から南西に290㎞の海上に浮かぶ宮古島。
サンゴ礁が隆起した島には高い山がなく、川が流れていないこともあり、
周囲の海の透明度は目を見張るばかり。
青い空、白い雲、エメラルドグリーンに輝く海と色とりどりの魚たち・・・。
ここはまさに南西の楽園。
そんな楽園の島に、早めの夏休みを取って家族で滞在しました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

都会を離れて 


明日からしばらく南西諸島・宮古島の写真を掲載します。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

FUMIYA 

ふみや
「セミの抜け殻見つけたから早く来て~!」の顔

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

1週間の終わり 

肥後橋商店街
日中はほとんど息をつく暇がなかった1週間でした。
ふぅ~、本当に疲れた・・・。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

河内平野を望む 


打ち合わせを終えて、クライアントさんのオフィスのトイレに入ると、
夕日が沈む時間になっていることに気が付きました。

カメラを構えていると、後から入ってきた人に、
変な顔をされてしまいました。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0